コラーゲンとは?

 

コラーゲン=タンパク質=アミノ酸

 

 

コラーゲンは体の中で様々な働きをしています。
人は細胞が重なり合いできています、血管、内臓、骨どれをとってもコラーゲンが関係しています。人にとってコラーゲンは欠かす事のできないものです。

 

 

スッポン小町コラーゲンの秘密

 

 

コラーゲンの役割は?

コラーゲンは組織と組織をつなぎ、臓器、血管、骨これらを支えつなぎ合わしてくれる重要な役割をこなします。人が生きる為に失う事のできないもの!これがコラーゲンです。

 

 

コラーゲン不足の危険

コラーゲンが不足してしまうと肌荒れや吹き出物の原因にもなり骨、歯、血管、爪などにも変化が出始めます。。。
健康を保つ大切な役割をはたしているのがコラーゲンなのです。

 

 

コラーゲンとビタミンCの関係

コラーゲンが体に良いからと言って過剰摂取や片寄った取り方は大間違いです×××
コラーゲンはとり方が大事(≧▽≦)ビタミンCがあってこそ、良質なコラーゲンはつくられます。

 

 

コラーゲンとビタミンCの上手な服用術

コラーゲンは普段の食生活から取り入れるのは難しいですが、ビタミンCは近くのスーパーでも手軽に手に入りますよね(^o^)/フルーツやドリンク、サプリメント!コラーゲンはご存知【すっぽん小町】から取り入れます。
では、いつ飲めば1番効果はあるの?・・・それは就寝前!
睡眠中は成長ホルモンの活性が上がる為、コラーゲンとビタミンCの血中濃度が上がり効果があがります。

 

この組み合わせ最強!!

コラーゲンとビタミンC